育毛や白髪染めは美しい髪に欠かせない大切なヘアケア

To top

Man's hair

男性の問題ではない

女性特有の髪の悩みとは

かつて、育毛の悩みは男性特有の問題と捉えられていましたが、その様相は変化しつつあります。今では、多くの女性が薄毛や抜け毛に悩んでいるのです。では、その背景にある問題について探っていきます。まず一般的に、育毛の悩みを抱えている女性の多くが、40代以降であると言われています。その原因は、女性ホルモンの1種であるエストロゲンが深く関連しているためです。エストロゲンは毛髪の成長に欠かせない成分です。しかし、エストロゲンは40代以降から減少を始め、閉経後は極端に少なくなってしまう傾向にあるのです。その結果、1つの毛穴から出る髪の毛の本数が減少したり、髪の毛そのものが痩せたり、髪の色が薄くなったりなどの症状が現れるのです。これら女性特有の脱毛症を、びまん性脱毛症などと呼びます。

髪の改善方法について

現在では、育毛の悩みを抱えているのは40代以降の女性ばかりではなくなっているのです。特に、20代から30代の女性の間で、薄毛や抜け毛に悩む人の数は増加しています。ですが、40代以降の女性のケースとは原因が異なり、いくつかの特有の原因があります。それは、過度なダイエットやヘアカラーやパーマを繰り返すことでの、髪へのダメージです。同じ女性でも年齢により、原因や改善方法が異なるのが育毛の悩みなのです。特に、40代以降の女性の場合には、病院などの医療機関で治療を受けることも可能です。そこでは、内服薬や外用薬、サプリメントなども処方され、改善を目指すことができます。育毛の悩みは、健康的な食生活と適切な治療で取り去ることができるのです。